失敗談

Macにコーヒーをこぼして水没させた私がとった対処法。

Macにコーヒーをこぼして水没させてしまった後の対処記録
困っている人

Macにコーヒーをこぼした。

「やっちまった。」っていうのが、はじめの感想。

MacBookの横にあったコーヒーを飲もうと思い、手にとって持ち上げようとした瞬間、パソコンのヘリに当たってビシャー。

マジで泣きそう(;_;)。

水没させてしまったのは、赤枠の部分。

Macの水没したところ

今回はわたしが実際にした水没したMacへの対処法と、修理屋にもっていって聞いたお話をお伝えします。

※あくまで素人の対処法なので、あしからず。

Macにコーヒーをこぼして水没させた私がとった対処法。

コーヒーをティッシュで吸いとる

最初にやったことは、Macにかかったコーヒーをティッシュで吸いとること。
ここで気をつけたのは、液体を拭こうとしないこと。

タオルなどで拭こうとすると、パソコン上の液体がより広がってしまう恐れがあるかなーと思ったので、わたしはティッシュで吸いとるようにしました。

パソコンを逆さにしてコーヒーを出す

こぼれたコーヒーはスピーカーにもかかっていて、もはや中に入りこんでいるのは明らか。
なのでパソコンを逆さにして、出てきた液体をティッシュで吸いとるようにしました。

逆さにすると液体が少しずつ出るわ出るわ…。

しばらくMacを閉じたときにティッシュをはさんで、逆さにして置いておきました。

ネットで対処法をめちゃくちゃ調べる

こういうときに頼りになるのが、だれかが書いたブログ記事。
まず思ったのは「みんなやらかしてんだなー」。

いい意味で「ひとりじゃないからー」って感じ。

ってことでブログを探しまくって出てきた内容はこんな感じ。

  • 電源を落とす
  • ドライヤーの冷風を当てる(熱風はNG)
  • パソコンが動いたらバックアップをとる

電源を落とす

どうやら液体が入ったまま、パソコンを動かすとショートする可能性があるとのこと。
パソコンが動いていたとしても、しばらくは触らないほうがいいでしょう。

わたしのMacは水没してからも動いてましたが、しばらくは電源を切りました。

ドライヤーの冷風を当てる(熱風はNG)

パソコンを逆さにしてドライヤーを当てるのもいいとのこと。
ただしパソコンは熱に弱いので、熱風はNG。

ですが正直、これあんまり意味なかった気が…。

むしろ中に入った液体が、ドライヤーの風でよけい奥に入ってしまったりすると本末転倒。
わたしはやってもなにも起きなかったですが、試したい人は試してみてもいいかも。

パソコンが動いたらバックアップをとる

これはパソコンが動いた場合にできることですが、水没してしばらくしてから、起動してバックアップをとりました。

ただし本格的にバックアップをとるのではなく、必要なデータのみをicloudに移しただけ。

あまり長く使うとショートするのが怖いので、本格的にバックアップをとるのは、「乾いたかな?」と思うくらい時間を置いてからにしました。

自分の運の良さを祈る

詳しくは後述しますが、パソコンは水没してからもしばらく使えることがあるとのこと。
実はわたしのMacは、水没してから3日ほどたってもまだ動いています。

ですが、パソコンの中に入った液体は完全になくなることはないようで、もし基盤に入り込んでいれば、だんだん侵食してパーツを腐食させていくのだとか。

もうそうなると、いつまで使えるのかは未知の領域。

水没してからしばらく使えたとしても、心がまえはした方がよさそうです。

水没の修理はお金がかかる。

アップルケアに電話してみた

困ったときはアップルケアに聞け、ということで、電話で聞いてみると下のような感じで返答が。

  • 水没の基本的な修理代金は6万円
  • 部品交換などがあれなプラス料金

とのことで、結論は水没修理は高い。
これだったら、新しいパソコンを買った方がいいかも…。

クイックガレージで話を聞いてみた

電話だけでは心もとなかったので、アップルの正規の修理拠点であるクイックガレージにももっていきました。

そこで聞いた話は以下のとおり。

パソコンの中にある水分は完全になくなることはない

パソコンの基盤はミルフィーユ状になっていて、水が入るとゆっくりと浸透していくのだとか。

困っている人

水が浸透してからも腐食するまでには時間がかかるみたい。

つまりはパソコンが使えていたとしても、いつなにが起きてもおかしくないということ。

修理の基本料金は9万円

水没したところは部品交換しか行なっていなくて、修理する場合は基本料金で9万円。

「たっか〜い」。

ただ今すぐ修理しても不具合が出てから修理しても、料金は変わらないとのこと。
まだパソコンが動いている場合は、不具合が出たときに修理に出した方がお得ですね。

パソコンドック24に相談したときの見積もり

コロナのせいで近くのアップルケアがやってなかったこともあって、まずはパソコンドック24というところに相談にいきました。

パソコンドックの店員から返って言葉はこんな感じ。

  • 中を開けて見るだけなら5千円
  • なにかしらの修理をすると2万6千円
  • 部品交換などがあればプラス料金

パソコンドック24のHPはこちら(外部サイトに飛びます)。

上の内容で、完全に治るかどうかの保証はできないとのこと。
まあメーカーじゃないからね。

んー微妙だな。

ちなみに料金はMacとWindowsで違うみたい。

最後に

Macとコーヒーはフリーランスの代名詞って感じで、かっこいいなと思うけど、

絶対にやらない方がいい。

日本には昔から「触らぬコーヒーにたたりなし」っていうことわざがあるので、良い子のみなさんはMac+コーヒーのセットはやらないようにしましょう。

以上。

ABOUT ME
ひつじのラム
サイト訪問ありがとうございます! ひつじのラムは大阪府在住のブロガーです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA