生活

思いきって1年間テレビのない生活をしてみて気づいたこと

テレビがない部屋の画像

みなさんの家にはテレビはありますか?
今どきテレビがない家のほうが少ないですよね。

ただNao.の家にはテレビは置いてません。
去年、引っ越したときにいらないと思って持ってきませんでした。

では、今回はそんなテレビなし生活をしてみて感じたことを、メリットとデメリットに分けて書いていきます。

みなさんもそのうちテレビがいらないって思えてくるかも。

メリット1 スペースが確保される

テレビがあると、その分のスペースが取られます。
日本の家ってそんなに広くないと思うので、テレビを置く分のスペースを何か違うことに使えると便利ですよ。

私の家にはテレビの代わりに本棚やピアノが置いてます。

例えば、みなさんは思いきってベンチプレスとか置いてみたらいかがでしょう?(それはぶっ飛びすぎかwww)

メリット2 余計なニュースに惑わされないですむ

テレビで取り扱われるニュースって、正直あまり必要のないことばかりだと思います。

例えば、遠い都道府県で起きた事件とか、芸能人の不倫とか。
そんなこと知ってどうするんでしょう?

芸能人のスキャンダルはまだしも、暗いニュースにばかり触れていると知らない間に影響されてしまって、人生ごと暗くなってしまいますよ。

「最近、怖い事件ばかり起きてる」とか「日本はおかしくなったんじゃないか」とか思っている人がいたら、きっと余計なニュースに影響されすぎです。

暗いニュースを見ないようにするだけでも、意外と世の中は平和なことに気づきます。

メリット3 自分の時間が確保できる

私の父は毎日テレビの番組表を見ると、「今日もいいのやってないな」と口癖のように言っていました。

おもしろいテレビ番組がやってないくらいで、一日がつまらなく感じられる。
それって、他人に自分の人生をコントロールされているのと一緒。

自分がどうするかではなくて、他人がどういうふうに動くかで自分の人生のおもしろさが変わってしまう。
そんな悲しい人生でいいのかなと、子供ながらに思っていたのを覚えています。

今は昔と違って、だいたいのテレビ番組はネットで見ることができるようになりました。
テレビがなくても番組は見られるようになったんですよね。

私も去年は「あなたの番です」と「まだ結婚できない男」は全話見ました。
特にテレビがなくても困らないのです。

それに、テレビってなんとなくという理由でつけっぱなしになってませんか?
気になった番組があるわけでもないのに、だらだら見てしまう。
その時間はちょっともったいない気がします。

自分の時間を確保しながら、好きな番組はネットで見る。

そんなことができるようになった時代だからこそ、テレビがない生活を選べるようになったと思います。

デメリット ネットでは見れない番組がある

私は音楽が好きなので、音楽番組が見れないことは少し寂しいです。

“Mステ” や “MUSIC FAIR” 、”FNS歌謡祭“ などの大型特番。
2019年は一度も見ることができませんでした。

本末転倒な話ですが、歌番組を見るためだけにポーダブルテレビを買おうかと思ったことがあるくらいです(あとは朝ドラとか)。

見れない番組があるのはしょうがないですね。
そこはいさぎよく諦めるしかないです。

まとめ

たった1年間ですが、テレビのない生活をしてみて気づいたことは、生活が楽になったとことでした。
とても不思議なんですけど、テレビがないと気分的にも楽なんです。

情報があふれている社会で、情報に触れないという選択をすることが気分転換になってるんでしょうね。

みなさんも、近ごろ疲れてるなと思うことがあれば、一度テレビを消すことから始めてみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
ひつじのラム
サイト訪問ありがとうございます! ひつじのラムは大阪府在住のブロガーです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA